ムシ歯と歯周病を予防し、ご自分の歯を生涯大切にするプログラムをはじめませんか

ムシ歯と歯周病の予防

 

歯周病治療


いまや、成人の80%が歯周病に罹患しているといわれており、世界で最も多くの人が患い、ギネスブックにも記載されている病気です。

また、抜歯の原因も虫歯から歯周病へと変わってきています。 さらに、歯周病が悪化することで思わぬ全身疾患のリスクが高まっていくことが明らかになってきました。歯周病のコントロールは歯を大切にすることはもちろん、健康を維持していくための大切な取り組みです。

当院は歯周組織の検査結果をもとに 炎症の元となるバオフィルムを徹底的に除去し、健康な歯肉を取り戻していきます。ご希望により治療の前後での歯周病悪玉菌の細菌検査を行います。

治療の経過を評価しながら治療をすすめていきます。

スリープスプリント

(睡眠時無呼吸の改善に用いるマウスピース)

就寝時に装着することで、気道を広げ閉塞を防ぐマウスピースです。いびきの軽減・防止に効果があり、睡眠時無呼吸が心配される方には有効な方法です。使用することで睡眠の質が変わり、昼間の眠気や血圧の改善、心血管・脳血管疾患のリスク軽減が期待されます。

内科領域では、高血圧症の方の主要関連疾患の一つとして、SAS(睡眠時無呼吸症候群)が挙げられています。

なお、医師の診断があれば健康保険が適用できます。

メタボリックシンドロームを食い止めましょう。

歯を残すことの価値


生涯にわたり、ご自分の歯が残っていることの価値ははかり知れません。

噛むという行為が脳の血流を増加させ認知症を予防する。また、お口の状態と糖尿病や全身疾患との関係についても様々なことが明らかにされてきています。

口腔内を健康に保つということは全身の健康に大きく関与しているのです。また、口元は他人に第一印象を与える表情や笑顔にもたいへん重要な役割を担っているのです。歯を失って、あるいは噛めなくなってはじめてその価値に気づく方が多いのではないでしょうか。

口腔を健全な状態に保つこと歯を残すことの価値を広めていくのは、歯科医療に従事している者だけではなく、みなさまにも伝えていってほしいと願っています。

 しかし、残念なことに、現在の日本はあまり良い状況とはいえません。

その理由は、メインテナンスに対する国民の意識が低すぎること、また、治療費が安い医療の質が低すぎること。

これらが歯を悪くさせる大きな要因になっているのです。

 治療はあくまでも疾患(病気)になってからの手段です。

大切なことは病気にならないための「予防策」です。痛みが出てきてからでは手遅れになることも多いのです。痛い思いをすることなく快適に過ごしていただけるよう、メインテナンスに定期的にご来院ください。

自覚症状はなくても、噛み合わせは6ヶ月もすると確実に変化しています。また、お口の中の細菌の数も驚くほど増殖しています。症状がないからといってメインテナンスを怠ると後で大変な思いをすることになります。

 MIを掲げている当院では、歯科医療の本質である「歯をできるだけ長く健全に保つ」ことに真摯に向き合い、質の高い医療をご提供していくことをお約束します。

© Iwasaki Dental Office and Kinshicho MI center.

予防はすべての基本です


お子様からご高齢の方まで、基本は予防です。このことを大前提にライフステージに合わせた予防の手段をご提案しています。

初期虫歯では積極的な処置を行うことで削らずに治療できる場合があります。

予防に年齢はありません。ご希望により最新の予防材料を積極的に使います。

ホームへhome.html

4歳

25歳

70歳

82歳